トップページ > 業務内容 > ソリューション > セキュリティ / BCPキャビネット

ソリューション

Solution

業務内容

Service

BCPキャビネットセキュリティ

事業継続計画(BCP)

自然災害などの緊急時にも、事業の早期復旧をすることが重要です。BCPキャビネットを用意しておけば、企業の大切な基幹情報や、水・食糧・救命用具などを一元管理することができます。

なぜ専用のキャビネットが必要なのでしょうか?

①防災用品を効率的に収納できるので、スペースセーブになります。
大きな担架やバール、ハンマー、重たい水など通常のキャビネットでは収納しずらい防災用品も効率よく収納することができます。

②十分な転倒防止がほどこせるキャビネットでなければなりません。
倒れないことが設置の第一条件。安全な躯体壁に設置するのが基本ですが、設置状況により、様々な転倒防止対策用品をご用意いたします。また、誰からも見えて周りに家具が少なく、避難動線上では無い場所へ設置します。

③停電時の暗闇でも視認性が必要となります。
実際の災害時にBCPキャビネットがどこにあるかわからないようでは、いくら万全の備えをしていても全く役に立ちません。イナバのBCPキャビネットなら、だれにでも認識できるサイン計画とともに、災害による停電時でも蓄光素材により認識できる工夫がなされています。

④普段は施錠が必要。しかしいざという時には誰にでも解錠できなければなりません。
いざという時に非常食や水が無くなっていたら?もしかすると命にかかわることになるかもしれません。専用キャビネットで確実な備蓄を行いましょう。
BCPキャビネット仕様の一例

事業者に求められる備蓄

東京都は帰宅困難者対策を総合的に促進するため、「東京都帰宅困難者対策条例」を平成25年4月から施行します。この条例で事業者は、従業者の3日分の飲料水、食糧その他災害時における必要な物資を備蓄するよう努めなければならないと定めています。

いざという時に機能する保管場所

東日本大震災後、都内の中高層建物のオフィスにアンケートの結果によると、20%のオフィスで転倒・落下・移動が発生したとされています。(東京都消防庁HP参照)
せっかく備蓄品を用意しておいても、災害時にうまく運用できなければ意味がありません。そのため、フロアが複数階に渡る会社は保管場所を分散させるなど、スムーズに従業員に行き渡るよう、事前に災害時の動きを想定しておくことが重要です。避難動線が確保された各フロアの身近な場所に設置し、災害発生時にすぐに使用できるようにレイアウトの見直しも行いましょう。

屋外での備蓄品保管は、イナバ物置にお任せください!

設置例
・防災倉庫
屋外に設置可能な防災倉庫。地域防災の備えとして、国や県・自治体・町内会等での設置としてもご提案いたします。

専用カタログをご用意しております。詳しくはお問い合わせください。